乗用車

Dynapackによる性能試験

2008年12月、(有)ミドリ整備センターにて、Dynapackを用いて、ZIMA3点セット及びフルセットの効果を測定いたしました。

Dynapack

カメラ

Dynapackによる性能試験結果

Dynapackデータ

実験車両 : マツダ ロードスター 1800CC
※赤線の基本はZIMA21を取り付ける前のノーマルな状態です。
 青線の3点セットはZIMA21(FORプラグ・エアークリーナーボックス・バッテリー)を取り付けた状態での計測です。

■最大トルクのアップ  12.9 ⇒ 13.6kg/m
 燃費の向上・動力性能向上・運転の楽しさ(機敏性・レスポンス)の向上

■トルク巾(バンド)の拡大 12.2kg/mで 2000〜5200rpm ⇒ 1800〜5600rpm
 燃費の向上・運転の楽しさ(機敏性・レスポンス)の向上

■出力up 91.8 ⇒ 96.9ps(20%負荷の為、実際は1.2倍)
 動力性能の向上・最高速度up